© 2021-2022 SAJIHAUS
壁と壁のアイダと、つながるアイダ
壁と壁のアイダ リノベーション

壁の下地はなぜだか美しい。

現在、急ピッチで改修が進む現場にて。

耐力壁として挿入する土壁の下地が組みあがった。

この後、ラスボードを貼って、土壁を塗ってしまうと
この下地は見えることはない・・・。
現場を請け負う大工さんにとっては、
見えなくなってしまう壁の下地ではあっても、
水平を揃え、ピッチを揃え・・・いや揃ってしまうのが技術なんだろう。

出来上がってしまえば、ただの土壁に見える。
だからこそ、1枚の壁が出来上がるまでの技術の集積を伝えたいと思う。

悪い仕事はやけに目立つけど、いい仕事は馴染みすぎて目立たない。
社会の縮図を見ているようだ。