© 2021-2022 SAJIHAUS
時間と暮らしのアイダと、つながるアイダ
時間と暮らしのアイダ プロセス

古民家に流れる時間に屋根をかける。

珍しく古民家本体の改修ではなく、古民家をとりまく周辺環境の改修のお仕事。

重厚感のある古民家の佇まいに対して、力強さの足りなかった玄関に玄関庇空間を増築。
そして、裏口の通路に門扉を新設。

そして、悩ましいのは屋根の素材感。
屋根は単独であるものではなく、周辺環境に大きく影響を与え、また与えられる存在。
いつも悩ましい・・・答えは一つではないんだけど・・・いつも悩ましい。
古民家に流れてきた時間の積み重ねに敬意を払いつつ、
時間の積み重ね・・・そのアイダをデザインする。